デヴィ婦人

デヴィ夫人、と知られる、、、デヴィ夫人ですが(!)、もともとは貧しい家の生まれで、
でも美貌がすばらしいので倶楽部で働き始めて、そこで通常ではないお金を手に入れるんですね。
弟さんを大学に行かせるために働いたそうです。
この弟さんは自殺で亡くなっていますが。。。

(デヴィ夫人が日本を捨ててインドネシアに行ったことでいじめにあったそうです)

頭がいいんですよ、彼女は。
いろんあ意味で。

でもだからこそ、テレビに出ると、番組側が自分に何を言わせたいのか、
見てる人はなにを着たいしておるのか、が分かってやりやすいそうですよ。
だから出演依頼が来る。
賢いですね。

デヴィ夫人の英語も倶楽部で勉強(自然に)したものです。
でも頭がよくなかったらそのスピード感などは遅かったと思います。
何十年も英語習ってても「あれ?」な人もいますからね。

プロポーズの言葉は
「私のインスピレーションになってください」
でした。
意味分からないけど・・・汗

でも大統領がそういうからには、デヴィ夫人にはやはりクニヲ背負って立つ何かがあったのではないかなと。
美しいだけではないんですねー。
尊敬します。

このブログ記事について

このページは、せりなが2018年11月 1日 15:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海外に興味がない」です。

次のブログ記事は「芸能人の英語」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。